忍者ブログ
ジラフ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2日目。

今日の席は後ろから3列目です。
席に着いた瞬間、なんかこの位置懐かしいな、と思ったら…
一昨年のPIERROT、TDツアーの長野のときの位置と同じ様な位置だったんですね。


今日は結構曲に集中してたんで…あんまりMCは覚えて無いんですが、
「見ての通り一旦止まったら死んでしまう様な性格なんで、ファンの皆さんは何かと振り回されて大変だと思いますが、
それを知ってて付いてくるんだからな。

…お前たち惚れた方が悪いんだぜ!」
と、自信満々なキリト氏。
まぁ、当たってるんで言い返せませんが…
ちくしょう!そうだよ!
惚れたコッチの責任ですね。

…で、昨日言ってた年齢ネタ。
今日は
「音楽を始めて3年くらいになるんですけど…
13で始めて今年の2月で16歳になります。」
と…
昨日より若返ってました(笑)

あと、
「君たち、帰ったらお風呂に入るでしょ?
服脱いで、鏡でこの辺(鎖骨の下辺りを指差す)見て見なよ。
痣になってるから。
愛の印が。」
みたいな事も言ってましたよ。
観客の黄色い悲鳴が…またこれ、キリトを悦ばせてるんですね。
すげぇ愛だこりゃ。


で、昨日もやったチェリー・トゥリーズ。
なんだか…もしかしたら3月辺りにシングルで出るかも?
ということらしいです。
なんでも、今日avexの方が観に来ていて、その方が良し!と言ったらシングルになるみたいです。
もし駄目だったらavexに5万人くらいの署名を出せ…とのこと(笑)
まぁ、言っちゃったんで多分無事に出ると思います。


今回のツアーの照明、夏のツアーから結構リニューアルされてますよね。
PA・照明卓の方見たら、
卓のスペースが2列になってて、照明さんが女性の人になってました…よね?
(始まる前にチラッと見ただけなんですが)
ピリオドのときとか凄く綺麗でした。
若い方だったので是非頑張って欲しいです。

昨日、今日と思ったんですが、
ドラムの平井さん!
彼、すんごいキックですね!
力強いキックで存在感が大きかったです。
タケオさんのドラムと少し表情が違って大宮では戸惑った部分もあったんですが、
でも凄く違和感を感じた訳でもなく、純粋に良いドラマーだと思います。
…何だかずっとドラム聞いてた…(笑)


今日で暫くソロのステージは見納めですが、とっても楽しい2日間でした。




PR
はい。
行って来ました1日目。

ばっさりと年明けを斬ってました。
「本音を言うと…日付変わっただけだろ」と。
キリトらしいっつうか何て言うか(苦笑)

「僕は音楽を初めて5年くらいになるんですけど…」
と、いきなり言い出した兄さん。
…ん?5年?
とお客はざわめきましたが話は続き…
「で、13のときから始めて今年で満18歳になりました。」
観客は大爆笑
サポートメンバーの事をお兄さん呼ばわり…
「下手するとお兄さん達の子供みたいな歳です(笑)」

次のMCでもこのネタは引っ張る。
「今日はこれで通すから!」
らしいです。


「僕のステージドリンクは水なんですが…
…渋谷…
公会堂でいいよな!公会堂だよな!
…僕は結構、炭酸好きでライブが終わった後とかによく飲むんですが…
リアルゴールド、とか。」
やっぱりC.C LEMONとは口にしませんでした。

アンコール2回目は、なんと…
「次、わかってると思うが…
THE SUN…
年も明けたし、ちょっとアレンジを加えてみました。
2007年バージョンです。
いくぞ!THE SUNバージョン07!!」
と、アレンジされてました!
すっげ!かっこい!!
全体的にリズムが早くなっててドラムのアレンジがかっこよかったです。
キリトも気持ちよかったらしく、結構動き回ってました。


2回目のアンコールが終了した後、スタッフさんとゴソゴソ話すキリト。
そしてステージ上全員がハケた後、一人ステージに立ち、
「大宮は凄く良かった。良かったけど何か足んねぇな、と思ったら新曲が無いんだよね」と語り出しました。
…去年一年は殺人的な忙しさで、強がってみせていましたが、心身共にボロボロだったそうです。
ですが、新曲を出すにも時間が無く、このツアーが始まってしまい…どことなくイライラしていたそうです。
今日、いつもより早くに目が覚めたらしいキリトは、
「俺の…初独り言。
『なんか…ムカツク…。』です。
新年始まって初めて発した言葉が『ムカツク』です。」
それでいても立ってもいられずギターを掻き鳴らし、
「俺、あんまりオカルトチックなことは信じないんですが…
本当にね…降りてきたんだよね…その曲の世界感とか歌詞が。」
と…出来てしまったそうです。

重要なのはここから。
「昔…もう6・7年くらい前になるんですが…。
丁度やっていたバンドが一枚目のアルバムを出す前くらいかな。
シングルに小説を付けて出したんです。…そのときに、曲名は考えたんだけど、どうしても世界感が浮かばなくて作るのを止めた曲があってね。
…そのまま忘れちゃってたんですけど、
ふっ、とね今日の朝、その世界感とか歌詞が降りて来たんですよ。」
と…凄い発言が…
ら…ラストレター…のあれか…と、思い当たりました。
そんなものが元旦の日に降りて来る…ってまぁ…すげぇ。

観客達も唖然…って感じで聞いていたんですが、曲名を知りたくてだんだんウズウズしだした頃、
「君達も曲名知りたくてウズウズしてきたと思います。
曲名は…
『寝起き』です。」


…マジで?
そんな長い間ずっと大切にしてきた曲名って…それ??
っと一瞬信じそうになりましたが、これはキリトのオチャメです。

で…、
本当の曲名は…
「チェリー・トゥリーズ」
…。
思わず口を覆ってしまいました。
そのままキリトはアコギを掻き鳴らし、アレンジ等は無くギター一本と歌なんですが、凄くいい音でした。
…でもこの曲、今日出来たばっかりなんだよね…
でもそれを感じさせない力強さで一語一語思いが凄く詰まっていました。
すっごい感動した。
普通、今日出来たばっかりの曲をその日に観客の前で歌うアーティストなんていませんよ…。
それをやってしまったキリトって…すげぇなぁ…
かっこいいなぁ…

何かと憎まれ口ばっかり言っていますが、こうゆう事とかしちゃうのが…また嵌らせるんだよな。

ちくしょう!たまんねぇよ!!

大宮ソニック行って参りました。

会って早々れんさんに、

「なんか後ろ姿がガクトみたいだったよ。」

と言われ、なんだか微妙な心境でしたが…

多分、あまりにも私にトレンチコートが似合わなかったので大宮に来る前に買った千鳥格子のマフラーのせいだと思われます。

でも今日は久々に色んな人と会えてよかったです。

きららん夫妻(両方女性ですが…)は揃ってヒョウ柄のアウターでした。

セレブ…!と思ったのは私だけじゃないはず。凄く似合ってたからいいですけど。

 

で、本日、30分ほど押して始まりました。

…が、セットリストはまったく覚えていません。

(セットリストを覚えよう!という考えすら無かったです)

なので、Suicide View始まりでラストがseaだったことくらいしかわかりません。

 

今日のキリトの衣装は、

真っ赤なジャケット(もちろんその下は素肌)で、パンツが…黒のエナメル…!で、そのパンツをブーツにインしていました。

真っ赤なジャケットだとは思わなかった…。

後のMCで、

「今日、俺の衣装が赤なのはクリスマスだからじゃありません!

俺の心が燃えているのを表しているんです。

It's バーニング!!

…バーニング!なんだか時代を感じたのは私だけでしょうかね。

It's 90'!!

クリスマスに感じてのコメントは↑の一言のみでした。

よくよく考えると、Angeloで"CHERIST IS A MONKEK"と歌ってますからね、

そんな誕生祭はキリトにとってあまり干渉したくないんでしょうかね。

この際、DECIDEのサビで十字を切ってるのは深く考えないことにします。

 

で、MCなんですが、

「今年一年色々ありました。

あーもういちいち説明すんのも面倒臭いんで、一言で表したいと思います。

・・・・・・・・・な。

…会場大爆笑。

ホントに一言で決めやがったよ!

な。

と、同意を求めています。

まぁ、本当にいい意味でも悪い意味でも色々ありましたよね、今年。

しきりにクリスマスとは言わずに「年の瀬」だとか「総決算」だとかそういう単語が飛び交いました。

それに関連して、

「あのね~時間、っていいですよ~」

と、通販の宣伝のように「時間」の押し売り。

「どんなに辛いことがあっても時間が経てば立ち直れるんです。

だからこれから、3年、4年と先が楽しみです。」

と言ってました。

確かに時間が経って、忘れるのではなく過去を清算するのは大切ですよね。

 

このソロのMCって凄く楽しいですよね。

本人も「ソロだと、より素の俺が出てる」と言っていましたが、

ホントにね。

巷で問題となっている事件とかの説教もするし。

「今、若い人たちが盛んに自殺だのってニュースになってるけど、

俺から言わせれば、まだそれくらいしか生きてないのに一人で全部わかった気になって、

本当に勿体無いよ。

辛いことがあって死にたくなるのは誰だってある事だし、

思いつめて…まぁ、それに関しては責めるつもりはないんですけど、」

キリトの言った”勿体無い”の一言は結構胸に響きました。

辛いことがあって人間ナンボです。

「俺もみなさんも生き抜きましょう!」

サバイバル化してる今の日本。

頑張って生き抜かねば。

 

で、兄さん、どうも今日はメンバー紹介を忘れてたみたいで、

ちょっと後になってメンバー紹介がありました。

その後何曲か歌って、

「みなさんもご存知のとおり、

俺は思ったことを口にしないと気がすまない性格なんですが…

ど~もね~…気になったことがあって…

これ言うと後で怒られそうで怖いんですが…

誰ですか?(シンセの藤井さんを見て)」

メンバー紹介のときに、藤井さん…

なんか俯いてて髪が顔にかかってるのかな、と思ってよく見たら、

…覆面…被ってるんですよね。

「メンバー紹介のときから気になったんですけど、

ホントに藤井さんですか?(笑)

…もしかした覆面の下は違う人かもしれませんが、

ステージにいるってことは信頼する藤井さんだと信じて続けます」

藤井さん、いっつもストイックに決めてますが、面白い方です。

 

そんな感じでMCでした。

いや~楽しかったです。

「喋り出すととめどなく喋るから、これ以上喋りません!」

とか言って会場から、え~!って言われると

「いや、これ以上喋るとほら、君たちも始発で帰らないといけなくなるし」

え~!いいよー!みたいな声

「じゃあ今年の1月1日から話そうか?

きっと君たちがブルーになるからやめた方がいいよ。」

とか。

楽しかったですよ。

キリト本人もお客さんが笑ってるのを見て、マイク通してマジ笑いしてました。

あえて、どんな声で笑ってたかは書きませんが(笑)

それを聞いたお客さんが大爆笑して、キリトはごめん!って笑ってました。

 

一応、キリトソロは今回の[BRAND NEW ENTRANCE]をもって一旦お休みするそうです。

「普通の34歳のオッサンに戻ります」

って言ってましたが(笑)

今度はAngeloの方に専念するみたいです。

どちらも楽しいですからね、Angeloの方も楽しみですし、またソロの方も期待したいと思います。

 

じゃあ、今年最後のライブとなりましたが、

来年は1月1日、2日の2Daysのライブを楽しみにします。

会場は…例の渋谷なんですが、

「来年、1月1日と2日!

渋谷の・・・・・・言いたくねぇなぁ…

渋谷…もう渋公でいいじゃんか!」

とキリトは頑としてC.C Lemonホールとは言いませんでした(笑)

 

 

 

 

今日は1階です。

ってことで、よく分かりづらいレポ。

 

本日はファイナル2日目ってことでカメラが入ってました。

…で、

SEでかなり個人的に昨日から盛り上がっちゃってたんですが、

こーれ、カッコよすぎるんですよ、

スポットライトとSEがもー見事にマッチしていて、

只管、隣りのモーセと「カッコイイ!カッコイイ!!」言ってました。

その後、普通にREBORNから始まるんだろうな~、と思ってたら…

“The past is like a holocaust!”

“The past is like a holocaust!”

えぇ!?ホントびっくりしましたが何とholocaustで始まりました。

こりゃ叫ぶっきゃねぇぜ!とばかりに叫びましたがね笑

 

記憶も怪しいんではしょりますが、

「えー…、

神を信じてる人はいますか?

クリスチャンの人はいますか?

ごめんね。

神なんてこの世にはいません!」

と、私の大好きなCHRIST IS A MONKEY 。

この曲の…イントロってゆうのかな、

その部分で両手を開いて十字架に架けられたようなポーズのキリトに

杭を突き刺すようなフリでした。

 

続いて、EASTER AGAIN。

これも大好きな曲です。

あのステップがビデオに納められただけで私は天にも昇るような気分ですよ。

 

はしょってDANCE。

モーセの大好きな曲です。

なんでも曲中で床に座り込んで駄々こねるようなアレが好きなようで笑

私的に、

このAメロあたりの艶かしい甘ったるい声にキタコレ!状態です。

 

SCRAPあたりは…

あの、あんまり記憶が…

業界批判のことと、来年発売される例のベスト盤の製作者のついてかなりバッシングしてました。

こりゃほぼ名指しにちかい…。

「もし万が一俺に何かがあったらお前らが第二のキリトとして立ち上がるんだぞ!」

 

「君たちが大切にしている思い出(PIERROT)は、

思い出として大切にしておいてください。

未来を生き、でもたまには過去を振り返ってあんなこともあったな、と思い返してみてください」

(↑そんなニュアンス…おぼろげ)

と、前フリをしてHALLUCINATION。

凄く真剣な顔で歌っているのが印象的でした。

 

NEO HADESの前フリでは、

「天国と地獄どっちが好き?」

とやたら楽しそうに聞いてるキリト兄さん。

(客:地獄ー!)

「え、地獄がいいの?変わってるね。

だから君たちは変態なんだよ。

僕は至って普通ですがね。」

(客:エーーー!?)

「だって君たち変態って言われて笑ってるでしょ?笑」

お客さんの反応みて凄い楽しんでましたよ、キリトさん。

すっげニコニコしてたし。

で、アンコールで2度目のHolocaust。

HALLUCINATIONではあんなことを言っておきながら

「さっき言ったことは忘れろ!前言撤回します!」と…。

「お前らに昨日より前の記憶なんていらねぇだろ!

そんな事を記憶している脳ミソなんて俺に投げちまえ!」

(客:脳ミソを投げるようなジェスチャー)

「うわっ!気持ちわりぃだろ!!!

みんな一緒にそんな動きすんな!」

と、自分で言っといて怒鳴ってました。

「お前らには幸せな記憶もいらねぇだろ!

投げろ!

幸せな記憶ごと俺に投げろ!」

とまぁ、投げたところでまた怒鳴られたんですけど笑

このやり取りでキリトはお笑い目指してんのかと思いましたよ…ほんのチョットだけね…。

そんな思い出たちはキリトによってholocaust(大虐殺)されました。

 

最後のREBORNは関係者がぶったまげるんじゃないかってほどみんな頭振ってました。

すげぇすげぇ。

昨日の後遺症もなんのその。

なんだかライブが始まって1~2曲振ったらちょっと緩和されましたが、

振って首が悲鳴を上げることには変わりはないんですけど、

もー気持ちよかったからそれでいいです。

楽しかったーー!

 

上に西脇さんといくろうさん…らしき人いたってホントですかね…。

でも昨日はいくろうさんから花束届いてましたからね。

嬉しいことです。

行ってきました、ZeppTokyo。

いきますよー超個人的なレポってゆうか感想ってやつです。

 

1曲目はもちろんREBORNで
Dear [MASTER]
CRUCIFIXときましたね、

大体他のツアーもセットリストは同じような感じです。

大概、私も忘れっぽいので、結構途中ハショリます。

 

前振りで、

「今日は、君たちに出会えたことを神に感謝して、」

と、CHRIST IS A MONKEY。

ねー、感謝するとか言っておきながら、歌詞では

“はりつけにされた詐欺師にツバを吐いて~”

とか言ってるんですよ。

だってねぇ、曲名が『CHRIST IS A MONKEY』ですよ。

確かに、このままの曲名でいったら発売出来ないよね…、

直訳で「キリストは猿」だなんて曲名じゃあねぇ…

 

で、次は確かEASTER AGAIN。

こーのイントロ!

すっげーTORUxxさんのリフがかっこいい!!

それに合わせて…

キリトのライトアップされた足元がすんごい事になってます。

スキップ!?

スキップだよね!?これ!!

超ルンルンな感じで…

足の動きはえぇ…!!!

ちょっとハイジな感じのキリトスキップから

…目が…離せません…

こりゃ参った…

 

あとはもう、音源化されてない曲たちのオンパレードなんですが…、

私はツアー参戦してないので…

とにかく代々木のフリーライブの断片を思い返して、思い返して…

結構必死だったんですよ。

でもまぁ、2階席だったんで、

何よりもステージが超よく見える!!

これに尽きます。

細部のキリトの踊りまでじっくり見れました。

 

とか思っていたら、

「東京!可愛いな!!(客:笑い)

東京!愛しいよ!!!(客:笑い)

…なんですか、この微妙な雰囲気は…笑

えー、こんな事言うのは恥ずかしいんですが…

僕と一緒に踊りませんか?」

「僕だけの愛の一方通行は悲しいんで、

みんなも僕に返して下さい!」

とかなんちゃら。

「とにかく、いやらし~く腰を振っちゃえばOKです!

もっと恥ずかしいことしようぜ!!」

(うろ覚え…)

「DANCE!!」

これ…キリト兄さん、今までに増して腰の動きが滑らかになったよね、

すんげぇクネクネ…いやらしー。

確か曲中、TORUxxさんのところに行って、

後ろから腰を打ち付けていた…よ。

(確かこの曲だったと…)

 

「何回も言ってるけど、日本の音楽業界ってのはホンットに閉鎖的でつまらない。」

とかどうのこうの音楽業界批判。

「俺がもし、腐乱死体とかで見つかったら、

今度はみんなが俺の後を継いで戦ってね。」

とかも言ってたな。

「今日はたくさんの関係者の方々が、どんなバンドなんだ~?と見に来ているので、

嫌われないように言葉を選んで喋ってます。」

(客:ホントかよ!選んでたの!?みたいなざわめき)

でも、言ったそばから

「音楽業界には、人の大切にしていた夢をバラバラに壊しておきながら、

さらにそれで商売しようとしている脂ぎったクソオヤジばっかりです!

本当にむかつくよ。

そんな脂ぎったクソオヤジ達に対して、

宣戦布告をしようと思います!」

(客:イエーーー!!)

~な振りでSCRAP。

かなーり破壊的な曲で…

何より、この歌詞…荒んでます。

業界人に向けての批判と恨み、憎しみ、苦しみがありありと。

…、ホントにね、こうゆう悪どいことばっかりが起きていて、

たくさんのアーティストたちが奥歯をかみ締める思いをしているんだと思います。

それに対してキッチリと暴言を吐けるキリトの強さが見ていて気持ちいいですよ。

…、でもこの曲、問題はヘドバンが激しすぎる…

曲中、何回頭を振ればよいのやら…

これで私の首はスプラッタもんです…

いてぇー

2階席で激しくヘドバンしてる人がいなくて…

ちょっと疎外感を感じつつも気張りました。

服装がシックで…尚且つスカートであんなに頭振っていたのは、他ならぬ私です。

後半からは頭を振ると腰に激痛が走り…(歳…?)

若干、頭振りつつ腰抑えてました。

だから縦振りは止めとけって言ったのに…と、もう一人の自分が囁いていましたが、

それにも構わず猛烈に縦振り…

∞の字の方が負担は少ないらしいけどね…。

 

あ、Holocaust。

ちゃんと叫べましたよ“The past is like a holocaust”

あれって、結構たくさん叫ぶんですね…苦笑

 

確かNEO HADESでは

「腰も振った!頭も振った!

じゃあ次は…新しい地獄が見たいか!?」

みたいなことで始まりましたよね。

 

もーすいません、覚えてることが…まだあるんですが、

断片的で、どのタイミングで喋っていたかがわかりません…、

あ、でも最後のREBORNは結構たくさんの人が頭振ってたな~

 

と、まぁこんな感じです。

明日は1階なんで…ばっちり人の目を気にせず暴れられると思います。

いやーでも2階は眺めが最高だったなー…。

みんなかっこよかったですw

 

忍者ブログ [PR]
"信貴(しぎ)" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
web拍手
コッソリお願いします。
最新コメント
[01/31 appreciation letter formats]
[01/31 tucson zip code map]
[01/31 binoculars 10x50]
[01/31 hartford marriott]
[01/01 mobile home parking in mesa az]
最新トラックバック
(08/23)
プロフィール
HN:
信貴(しぎ)
性別:
女性
職業:
虚弱アルバイター
趣味:
ライブと哲学
自己紹介:
・ピエラー
・ジャンナー

・Angelo
・LM.C
・ALvino
応援しています。

音楽、食べ物、そんなの大好きです。

来年からは音楽系の学校に進学予定。

いつでもお気軽にどうぞ。


ちなみに、上のギターは
youさんモデルの
フェルナンデス JDA-85Y DLB



バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
union
タバコケース同盟
music union
オト
我々は狙われている
我々は鳥の如
世界同盟
toilet union
BIRTHDAY UNION
UESTERNUNION
渋色同盟
Nature
ムック派
野菜同盟
まよい同盟

帰還同盟
MUJI UNION
PERRY UNION
TRICK UNION
PV*LOVE union
破廉恥同盟
I'm Nekoka
2017
07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
prev
06月
next
08月